生活スタイルやご希望の部位に合わせて最適な施術プランをご提案します。

汗と臭いのメカニズム わきが・多汗症治療のすべて


無料メール相談 無料カウンセリング予約
[74]お電話でご相談の方

[150]汗とニオイのメカニズムをご紹介

夏場はもちろん、冬場でも満員電車など、汗に関するお悩みは一年中つきないものです。
では、「なぜ、汗が噴き出すのか?」「なぜ、ワキの下が臭うのか?」。
こちらのページでは、このメカニズムについてご紹介いたします。


[150]汗のメカニズム

私たちは、常に一定の体温を保つように体温調節を行う“恒温動物"です。その際に、汗によって、体温を一定に保とうとします。
気温や運動により体温が上昇すると皮膚表面から熱を発散させて、体温を下げようとします。これだけで十分でない場合にさらに体温を下げようとする際にも汗が出ます。
この他、体温の上昇に関係なく、緊張や心配事といった精神的な理由、食生活・病気・ホルモンのバランスなど様々な要因から交感神経が正常に働かないことでも汗が噴き出ます。この際、エクリン汗腺から必要以上に汗が分泌されている状態を多汗症といいます。


多汗症

[150]ニオイのメカニズム

汗腺には、アポクリン汗腺とエクリン汗腺の2つの汗腺があります。
わきがは、汗自体に臭いがあるのではありません。アポクリン汗腺からでる粘り気のある汗が、皮脂腺から出る脂分と混ざり、皮膚の雑菌に分解され、低脂肪酸・アンモニアなどに変化することで、ワキガの独特なにおいとなるのです。
ワキガ臭が強い人は、アポクリン汗腺が多い体質の方なので、わきがを根治するには、アポクリン汗腺を除去する必要があります


わきが

[117]セルフチェック
[134]わきが・多汗症治療のすべてTOPに戻る
わきが・多汗症治療のすべてTOP > 汗と臭いのメカニズム

[110]お友達にこのサイトを紹介

関連サイト | プライバシーポリシー | サイトマップ

聖心美容外科オフィシャルサイト

東京 | 札幌 | 大宮 | 横浜 |
ブレッツァ聖心美容クリニック
名古屋 | 大阪 | 広島 | 福岡
このページのトップへ


copyright(C)2012
Mediclude Co.,Ltd.
All Rights Reserved.