生活スタイルやご希望の部位に合わせて最適な施術プランをご提案します。

Q&A わきが・多汗症治療のすべて


無料メール相談 無料カウンセリング予約
[74]お電話でご相談の方

[150]私は数年前から脇の汗の量に悩まされていて、臭いも気になってきています。

Q私は数年前から脇の汗の量に悩まされていて、それに伴って臭いも気になってきています。
周辺の人間は「いわゆるワキガ臭はしないからワキガではないと思う」と、皮膚科で軽く相談した時は自律神経のバランスが悪いみたいな事を言われました。
汗の量に関しては、酷い時などは汗がツーっと流れるような事があり、そして服に大きく汗が見えてしまうのが悩みです。
臭いに関しては、一応市販の臭いを抑えるような商品である程度抑えられてはいるんですが、やはり時間が経つと自身でも感じてきます。
インターネットで手術法、効果などを調べてはいるんですが、たくさんの意見があるので、正直よくわかりません。
保険が適用される手術というのは何という方法で、適用される条件みたいなものがあるのですか?
できればもちろん安い方法を選びたいですが、やはり安い方法の方がよくない、とかがあるのでしょうか?
一概には言えないでしょうが、私のような症状の人間には、なんという方法が適しているのでしょうか?


A  佐々木 直美 医師

汗のご相談ですね。
まず、多汗で保険適用になる手術は、交感神経切除です。そして多汗というよりわきが、いわゆる臭いの改善に行う、腋の汗腺の剪除法も保険適用です。
適用される条件は、診察によって執刀する医師の診断ということになりますので、受診してみないと分からないことでしょう。
それ以外は自由診療になります。
一番のお悩みが汗の量のようなので、手術で治療するなら交感神経切除ということになりますが、この手術には副作用もありますから、そこもよく考えないといけないところですね。腋含め上半身の汗が止まる代わりに、下半身の汗が増えるといわれていますので、新たな悩みを生み出しかねない訳です。

そこで今、多汗に一番よく行われているのはボツリヌス菌毒素の注射です。保険適用の治療ではありませんが、注射した部分だけ汗が止まり、他の部位に汗が増えたりすることもなく、傷痕も残らないという安心感が一番の特徴です。手術と違って効果の持続期間が約半年と期間限定ですが、何度か注射を繰り返している内に汗腺が退化して徐々に間隔が延び、その内注射の必要がなくなってくるケースも多々あります。

当院では、多汗にお悩みの方にはまず上記の注射をお勧めさせていただいていますが、もちろん保険診療の病院でもお話をお聞きになっても良いと思います。必ずしも安い治療が良くないというのではないので、治療の効果と副作用のバランスなどを検討して、ご自分に合った方法を選んでくださいね。
当院はカウンセリングだけなら無料ですから、一度ご来院ください。お待ちしています。




このQ&Aに関連する診療内容はこちら

[117]検索結果一覧に戻る
[134]わきが・多汗症治療のすべてTOPに戻る


わきが・多汗症治療のすべてTOP > Q&A検索 > 詳細

[110]お友達にこのサイトを紹介

関連サイト | プライバシーポリシー | サイトマップ

聖心美容外科オフィシャルサイト

東京 | 札幌 | 大宮 | 横浜 |
ブレッツァ聖心美容クリニック
名古屋 | 大阪 | 広島 | 福岡
このページのトップへ


copyright(C)2012
Mediclude Co.,Ltd.
All Rights Reserved.